鴨川の新星

1年ほど前、スポーツ観戦のすすめで紹介した「オルカ鴨川」の続報です。

9月11日、女子サッカーなでしこリーグ3部にあたる “チャレンジリーグ” を制し、2部への昇格が決定。創設から2年目でのスピード昇格を果しました。

この日は悪天候のうえ、地元の祭礼(鴨川合同祭)と重なったにも関わらず、スタンドには運命の瞬間を見届けようと1116人ものサポーターが詰めかけて、選手と同じ青いユニフォーム姿で声援を送り続けました。
選手が大雨のなかピッチを走り、ずぶ濡れでボールを追う。サポーターは太鼓のリズムに合わせ、雨音に負けぬようオルカ鴨川応援歌を大声で歌い、手をたたく。

選手とサポーターとが一体となり、つかんだ勝利です。

万歳!! 心からおめでとう。

694D

 

「オルカ」の名称は、地元鴨川シーワールドの主役であるシャチの学名に由来。大海原の王者のごとく、強く堂々と突き進むクラブになりたいという思いを込めて命名したそうです。
北本監督は、「地域と一体となってユニークなアイデアを盛り込みながら、持続可能なクラブをつくっていきたい」と話します。

そんな「オルカ鴨川」ですが、チーム発足当初、練習初日に参加できた選手はわずか5名。まさにゼロからのスタートでした。

現在は、北は北海道から南は鹿児島まで力強い選手、スタッフが集まりました。地域のみんなから、孫のように愛され、娘のように心配され、妹のように可愛がられています。

彼女たちの持ち前の実力と努力、それに地域の熱い応援が重なり、チームは日々成長しています。

 

695D

綺麗な海、懐かしさを感じさせる里山、美味しいものもいっぱいあって、歴史や文化に触れることもできます。

こんな欲張りな鴨川に新星「オルカ鴨川」も加わりました! 魅力あふれる鴨川の観光ついでに、ぜひサッカー観戦にもいらしてください。(H.H.)