焼八千枚護摩供修行

 

長狭平野の山奥に鎮座する大山寺。
波の伊八による龍の彫物をはじめ、数々の文化財を擁するお寺ですが、かなり老朽化しています。
檀家を持たないというのもひとつの理由でしょう。
このまま荒廃させてはならない!と地元有志が修復を目指して活動を始めました。

このたび、寺の修復を発願し、住職が再び焼八千枚護摩供修行にのぞみます。
護摩のなかでも最高の秘法とされ、一日三座の護摩を21日間かけて行う修行です。
最初の2週間は精進潔斎。あとの1週間は断食。さらに最後の日は水すら断って、早朝から1日かけて8000枚の護摩木を焼き尽くして、ご本尊の不動明王に祈ります。

最終日(結願の日)である9月13日は、一般の見学が可能です。みなさんも一緒に祈りましょう!

(Y.M.)

交通アクセス

JR内房線 安房鴨川駅から路線バスで30分
JR外房線 保田駅「保田中央」バス停から路線バスで25分
東京湾フェリー 金谷港から路線バスで30分

バス時刻表はこちら

(大山寺)千葉県鴨川市平塚1718 「金束駅」下車徒歩20分